SHINeeジョンヒョンが最期まで残したもの

12月18日、悲しいニュースが入ってしまいました。SHINeeのジョンヒョンはソウル市内チョンダムの宿泊施設で倒れた状態で発見され、近くの大学病院に運ばれたものの18日の夕方に死亡が確認されました。所属事務所のSMエンターテインメントは「ジョンヒョンに惜しみない愛を送ってくださったファンの皆様に悲しい報せをお伝えすることとなり、さらに胸を痛めております」とファンに向けてメッセージを送り、韓国のみならず、日本でも悲しいニュースが報道されました。ジョンヒョンが亡くなる前に姉に送った内容「今までつらかった」「もう俺を見送ってくれ。大変だったねって言ってくれ」「最後の挨拶」この遺書とも思える内容が悲しみを増幅させまています。そして、もう1つ話題になっているのが、臓器提供を行ったということ。この臓器提供希望という意思表示を、生前ジョンヒョンがしていたのです。ジョンヒョンは繊細な心を持ち、彼の作った歌はたくさんの人を幸せな気持ちにしてきました。ジョンヒョンは臓器提供を希望しており、財産も実のお姉さんに遺しておいたそうです。最期まで人々のことを考えて生ききった彼らしい決断だと思います。誰かの命を救おうと最後まで考えていたのだと思うと、本当に言葉になりません。彼はこの世から去りましたが、彼の身体の一部が無駄にならないように、幸せに生き続けてくれるといいですね。